【開発機材】HKKB Professional Hybrid Type-S 日本語配列/墨をレビュー!

HKKBキーボードをレビューしました! 開発効率化
スポンサーリンク

今回は「HKKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列 / 墨 」を購入したのですが
無事、数ヶ月利用したのでこちらの機材のレビューをしてみたいと思います。
購入を検討している方の参考になれば幸いです。

「HKKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列 / 墨 」

この度は以前から欲しかったキーボード
「HKKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列 / 墨
を購入し、数ヶ月利用したのでレビューしてみたいと思います。

商品はこちら!

キーボードを使う仕事なのでこういうものだけには
こだわっておきたかったのです!

 

以前使っていたのは有線タイプ

以前使ってたキーボードはこちらの有線バージョンだったのですが

旧有線HKKB

今回購入したのはBluetoothでPC無線接続できるっていうキーボードです。

無線hkkb

下はBluetoothキーボードなので
ケーブルがありませんね!

 

Bluetoothキーボードにした理由

なぜBluetoothが良いかというと「基本的に机って狭い」のがほとんどだと思います。

たしかに色々置くものもあるし、狭くなってしまいますよね。

もちろん広い机もあるとは思うんですけど
一本ケーブルがあるだけで結構負担って大きいなって思ってました。

移動させる時もそうですし、常に目の前にあるキーボードからケーブルが1本出てるって言うのは毎日の仕事のモチベーションとかにも影響あると感じています。

hkkb_これさえなければ

たかがケーブル一本ですが
毎日のことなので気になりますよね…

 

商品を見ていく

では商品の方を見ていこうかなと思います。
外箱もかなり綺麗に作られています。

HKKB Professional ハイブリット箱

やっぱ高級感のあるというか、非常に綺麗な作りをしています。

しっかり左上に「Bluetooth」って入っていますね!

 

WindowsとMacで使える

筆文字で箱には「HYBRID」って書いてありましたが

このキーボード自体はMacで使えたり
Windowsでも使えたりハイブリッドで使えるようになっています。

後ろの蓋を開けたらスイッチ切り替えれるようになってるので
そこ使って切り替える感じです。

hkkb_osを切り替え

 

パームレストも紹介

こちら一緒に購入したのですがHKKB純正のパームレストです。

これがあると収まりが良いです

 

手作りではイマイチだった

以前、手作りで作ってみたのですが
安っぽかったり、肌触りが微妙でした。

旧パームレスト

せっかく作りましたがタイピングしていると
チクチクしたりで微妙でした…

 

純正は最高だった

手作りだと限界があると、今回は純正のパームレストを買うことにしました。

さすがにパームレスト1つで少し高いなと思いつつ
3000円〜4000円くらいで購入したのですが、結果は大満足!

キーボードの高級感とパームレストの高級感が調和するような感じでした。

肌触りも最高で机に置いてても
HKKBに見劣りしません!

 

高さ調整は3段階可能

話はキーボードに戻って
こちらが裏面となり、赤丸の箇所がキーボードの「足」です。

hkkb_足があって高さ調整可能

そして「3段階の高さ調整」が可能です!

  • ちょっと高い
  • 高い
  • 高くせずフラットの状態

の3段階となります。

私はそのままの高さがちょうどよかったので
基本的には閉じて使っています。

 

HKKBのキーボード自体も少し高め

このHKKBのキーボード自体はそもそもちょっと高めなんです。

無線hkkb

パームレストを置いたら
ちょうど良いぐらいだったのでそのままで使っています!

 

ついでに「トラックボール」を紹介

実は少しワイヤレスにこだわりがありまして
HKKBのキーボードの横にはワイヤレスのトラックボールを利用しています。

キーボードとトラックボール

こちらのロジクールのトラックボールとなります。

一緒に並べると2つともワイヤレスなので統一感がありますよね!
とても気に入っています!

 

トラックボールの良いところ

普通のマウスを使っているとなかなか使う機会がないと思うのですが
一度慣れると、とても使いやすいです。

マウスのように腕を動かさなくても良い分、肩こりや腕の疲れが減るみたいです。

見た目も近未来デザインでカッコ良いですよね!

 

トラックボールの注意点

ただ注意すべき点もあります。
それは操作に慣れるまで不便です!

自分も最初はかなり苦労しました…
だけどいつの間にか使えるようになっていて
今はマウスよりトラックボール派です。

ただ慣れると最強なのでご興味ある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

タイピング時の静音性が高い

キーボードに戻りまして、タイピングすると分かるのですが
この製品自体とても静音機能が高いです。

以前の「有線のHKKB」は轟音というか、音がすごい大きかったです。

旧有線HKKB

ガチャガチャガチャガチャ

 

これに関しては無線の新しいものは

キーボードとトラックボール

カタカタカタカタ

 

といった感じで静かな打鍵感がかなり気に入っています。

以前の有線のものと比べると雲泥の差です!

 

USB-Cで有線化出来る

以前「有線のHKKB」を使っていましたが
実は無線側では「USB-Cケーブル」を使えば有線に出来るみたいです!

hkkb_usb_cで有線化

文字通り「ハイブリッド」ですね!

 

以前よりも「手が疲れなくなった」

パソコン仕事されてる方で使いにくいキーボードを使っていると
「手や腕の疲れ」って多いですよね。

キーボードとトラックボール

ただ自分はこれに変えてから打鍵感が良くなったことで
以前よりも腱鞘炎のような疲れがなくなりました!

それに以前よりも静かにタイピングできるのでそれも精神的に良いのかもしれません。

キーボードの打鍵感向上と
パームレストの導入でかなり快適になっています!

 

電源は右上のボタンを長押しで切り替え

電源は右上を長押しすることで切り替えることができます。

hkkb_電源ボタン

長時間操作がない場合は
自動で電源が落ちる機能もついています。

 

iPadや別の端末にスムーズに切り替え可能

iPadってBluetooth繋ぎ変える時って少し面倒ですよね…

ただこのキーボードはとても便利にショートカットで切り替え可能です。

iPadにすぐに接続できます!

 

持ち運びにも向いている

iPadにすぐ接続出来ることでHKKBを持ち運ぶメリットも増えました。

iPadとHKKBのキーボードをカフェに持ち込むことで
カフェでおしゃれに書類作りすることもできそうです。

持ち運ぶ時に便利なポータブルケースもあるみたいですね。
現在購入しようか検討中…

 

切り替えのショートカット方法

接続端末の切り替えショートカットは

FunctionキーとControlキーを押しながら、1〜4キーを押せば
登録している端末に瞬時に切り替えることが出来ます!
※登録端末は最大4つです

切り替えた時は電源ボタン近くのランプが一瞬だけ光ります。

hkkb_端末切り替え時のランプ点滅

「MacからiPadに切り替えたいな」と思った時に
FunctionキーとControlキーを押して任意の番号を押すだけで切り替わる感じです。

手軽に使えるし、すごく便利です!

 

「無線になった」メリットが多い

BluetoothになったことでiPadなどの端末にも接続できますし
ケーブルがないことで快適性も増していて、どれを取っても良い商品だと感じています。

無線にしたことで悪いところが出てきてもおかしくないのに
そういった点が見当たらないです。

 

電池は「単三電池2つ」

こちらはバッテリーではなく「単三電池2つ」を利用する商品になっています。

hkkb_単三電池2つで動く

ただバッテリーは充電する手間、経年劣化などがあり
利用時間が短くなったり、使いづらくなっていきます。

電池で動作するのは長期的に使うツールとしては良い選択のように感じます。

お値段的にもそうですが、レビューでも「かなり頑丈」と聞いているのでそういった使い方を意識した商品なのかもしれませんね。

 

重量感は多少ある

電池で動かしているためか少し重量感があります。

その重量感のおかげで打鍵感とか
静音性とか良いのかなっていう印象です

 

「十字キー」があるので使いやすい

「HKKB Professional」には十字キーがついています。

hkkb_十字キー

MacBookのキーボードにも右下に「十字キー」ありますよね。

こちらのキーボードとMacBookキーボードの形状に似ているので
慣れている人はスムーズにHKKBに移行出来るメリットがあるように思います。

hkkb_十字キーが似ているので使いやすい

HKKBがない時にMacBookで操作しても
違和感なくタイピング出来ています。

 

衝撃吸収パッドがあるらしい

実はHKKBキーボード専用のクッションパッドがあるみたいです。

装着すればキーボード自体の性能、打鍵感
下の階とかへの振動とか、そういうのも抑えられるらしい。

衝撃パッド穴あき版

評判も概ね良いですし
購入するかちょっと悩んでいるような感じです…!

 

評価は「歴代最高のキーボード」

良い点を挙げますと

  • 打鍵感(タイピングが気持ちいい)
  • 静音性(とても静か)
  • 利便性(Bluetooth切り替え)
  • 見た目の高級感(ケーブルがないことも含め)
  • 頑丈さ(数ヶ月でまだ検証中ですが、今のところ全然問題がない)

悪い点は単三電池のためかキーボード自体は重たいことぐらいです。

ただ逆にその重さが安定感を生んでいる感じはありますし、多少の打鍵でも
全然を揺れないのでむしろメリットになるかもと感じています。

これらのことを差し引きしても値段相応の商品だと感じるので
これは歴代最高のキーボードだと感じます!

すでに数ヶ月使っていますが
未だに買ってよかったという満足感に満たされています。

 

これまで紹介した商品一覧

 

動画版があります

本記事はこちらの動画を元に編集したものとなります。
ご興味がありましたらご視聴いただけると幸いです。

 

活動内容のPR

下記が本サイトでの活動内容となります。

ポイント計算機スクショ1

 

終わりに

今回は珍しくレビュー記事を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。
HKKBの無線キーボードの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

本キーボード自体、とても良い商品だったので
その商品を紹介したいなぁという気持ちで作成してみました。

今後も開発で利用している機材などを紹介していけたら良いなぁと感じています。

私自身が良いと思った商品を
中心に紹介できたらと考えています!

 

また本サイトではアプリ開発や英語学習、フリーランスのことについて発信しております。
もしご興味がありましたら画面左下のベルマークから購読していただけますと幸いです。

ではここまでお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました