【Unity / Mac】バージョン上げるとエディタが重くなった話

Unityエディタが重くなった話 Unity
スポンサーリンク

今回はUnityエディタのバージョンをあげたことによって
エディタ自体の動作が遅くなることがあったのでその備忘録です。

はじめに

この度はUnity純正のツールを使うためにエディタのバージョンを上げることにしたのですが、その際に処理が極端に重くなることがありました。

その時の対応を念の為残しておきたいと思います。

地味にすごいストレスなので…

 

バージョンを上げた

今回はバージョンをこのようにあげました。

2019.2.21f1
→2019.4.21f1(LTS)
→2019.4.27f1(LTS)

バージョンのせいかと
最新の2019.4.27f1まで上げました

 

エディタの挙動

バージョンを上げたエディタの挙動は

  • Prefabを開くたびに重い
  • 実行ボタンを押すたびに重い
  • シーンを開くたびに重い
  • ゲームを終了しようとすると重い

要するに何をするのにも重かったのです!

実行するたびに数分待たされる辛さ…

 

PCを再起動してみる

たいがいのことは再起動で解決するだろうと試しましたが…
特に解決せずでした。

エディタの再起動とか
そういう問題ではなさそうですね

 

キャッシュ周りが怪しい予感

バージョンアップした後だと
「以前のバージョンの時に作成したデータが残って効率が悪くなってそうだなぁ」
と感じたのでバージョン管理しているのでプロジェクトを一旦全削除して

登録されているファイルを全復活(Dicard Changes)してみました。

開発環境はGitHubで管理しているので
不要なキャッシュなどを削除するときはそうしています。

便利なのでご興味がある方は下記の記事を見てみてください。

 

バージョン管理していない場合

バージョン管理をされていない場合はプロジェクトフォルダの

  • Assets
  • Packages
  • ProjectSettings

のフォルダだけを残して他を削除すると同じようにキャッシュなどが削除されると思います。

今回はこれでも対応できますが、色々メリットがあるのでバージョン管理をされていない方はぜひバージョン管理の導入がおすすめです。

 

 

プロジェクトを開き直す

キャッシュなどの実行時に作成されるファイルを削除したため
最初の起動は時間がかかります。

そして動作を確認すると
読み込みや動作がかなり早くなりました!

初歩的な問題かもしれませんが、滅多にUnityエディタのバージョンってあげたりしないので混乱してしまいますよね。

 

活動内容のPR

下記が本サイトでの活動内容となります。

ポイント計算機スクショ1

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

今回はエディタを更新したことによって起きた問題なので
最初は何が起きたかわかりませんよね。

自分でも忘れそうなので念の為備忘録にしておきました!
参考になれば幸いです。

また本サイトではゲーム開発やプログラミング、英語学習などを発信しております。
もしご興味がありましたら画面左下のベルマークで本サイトを購読していただけますと幸いです。

 

 

では今回はここで終わりたいと思います。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました