申請済みのAndroid, iOSアプリを更新する(Unity)

Unity
スポンサーリンク

AndroidやiOSアプリをGooglePlayConsole、iTuneConnectで申請後に
バグを見つけてしまうと「なんとか差し替えたいなぁ…」と思いますよね。

今回、申請中のアプリの差し替えをする機会がありましたので
備忘録として残しておきたいと思います。

GooglePlayConsoleの場合

一見「アプリを更新する」といった文章が見当たらないため
出来ないように見えますが可能です。

方法としては新たにリリースを作成することになります。

製品版の管理画面を開く

下記が手順になります。
こちらベータ版などを使っている場合はそちらを選べば同様に出来ると思われます。

  1. GooglePlayConsoleにログイン
  2. 「1サイドバー」を開く
  3. 「2:アプリのリリース」を選択
  4. 「3:製品版」の管理ボタンを押す

リリース作成画面

次に製品版のページが開きますので「リリースを作成」を選択します。

 

すると初回時にアップロードした時のようにapkやaabファイルをアップできるようになりますので更新したものを再度アップします。

※下記に注意点あり

アップロード前の注意点

ビルドファイルをアップロードする前に「Unity→Project Setting→Player→Android→Other Setting→Identification」の設定に注意してください。

「Version」・・・差し替える前のものと同じである必要があります。
「Bundle Version Code」・・・差し替えるモノより高くする必要あります。

要は「Version」で同じバージョンであることを示した上で、内容が違う(修正済み)ということを表すために「Bundle Version Code」を違うものを設定します(基本カウントアップ、一ずつ上げていく)。

 

仕上げ

ファイルが無事にアップできれば
「無効にする…」から以前のものを除外し、「確認」ボタンを押します。

またバージョン情報(0.1や1.0など)などを聞かれた場合は基本以前と同じ設定を利用してください。

この手順で自分は無事設定することができました。

申請は一旦キャンセルされます

差し替えをすると申請していたものはキャンセルされます。
再度、申請をしましょう。

 

 

iTuneConnectの場合

iOSはAndroidよりわかりやすった印象です。
手順は下記です。

ビルドを作成し、アップロードする

すでにアップ済みだと思うのでアップロード自体の手順は割愛します。

また注意すべき点はAndroidと同様に「Unity→Project Setting→Player→iOS→Other Setting→Identification」の設定が必要です。

Version・・・差し替えるモノと同じバージョンに
Build・・・差し替えるモノよりも大きくする(カウントアップ、1ずつ上げていくなど)

 

この環境で再エクスポート→Xcodeでビルド→アップロードすればOKです。

 

レビュー前、待機中のビルドをキャンセルする

まずiTuneConnectに接続し、「AppStoreConnect」のページまで移動してください。

「App Store」のタブを開くと赤丸「1」に以前申請したアプリが右側に表示されています。

ここを選択して赤丸「2:remove this version from review.」というレビューから削除するというリンクがあるので選択するとポップアップで「Are you sure…」と出るので「Remove」と選択します。

 

後はアップしたビルドを選択するだけ

ここはページを開くと申請が止まってしまいそうだったのでスクショは撮れませんでした。
基本的にAndroidと同様に新しくアップしたビルドを選択するのみの対応です。

一見、Descriptionなどの説明が消えてしまいそうですが自分の場合は消えなかったのでサクッと対応できました。

ちなみにiOSも一旦キャンセルされます

差し替えをすると申請していたものはキャンセルされます。
こちらも再申請をしましょう。

 

開発中ゲームのPR

あくまで余談ですが
こちらが本取り組みで利用したゲームアプリとなります。

予約サイトにも登録していますのでご興味のある方はぜひ!

iOS :yoyaku-top10.jp/u/a/MzAwMTA
Android :yoyaku-top10.jp/u/a/MzAwMDE

最後に

いかがでしたでしょうか。

提出してからバグを見つけたり、意外に需要のある内容だと思うのですが
自分は検索してもあまり方法が見つけられなかったので今回記事にすることにしました。

この記事が参考になれば幸いです。
ではここまでお読みいただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました