【初心者向け】レザークラフトで名刺入れを作ろう!

レザークラフト
スポンサーリンク

最近レザークラフトをはじめたので今回は名刺入れをレザークラフトで作る過程を記事にしたいと思います。

もしご興味がありましたら見ていただけますと幸いです。

 

レザークラフトをはじめました

まずレザークラフトは革などの素材を用意して革財布、キーホルダーなどの小物から大きいものはバッグなどもイチから手作りができる手芸の一種です。

ただ以前は知識や道具、技術も必要なものが多く敷居が高かったのですが、最近はDIYブームなどもあり、道具は安く手に入りますし、技術はネットや書籍で容易に手に入るようになりました

そして最近ついにレザークラフトを初めてみたのでそれを記事にしてみようと思った次第です。

 

今回は名刺入れを作ります

また今回はレザークラフトの全体的な流れを知っていただくために自分で「名刺入れ」を作った過程をご紹介したいと思います。

最終的に下記のようなものができる予定です(素敵なインスタ風エフェクトをかけています)。

当方も初心者のため至らぬ点もあるかと思いますが温かい目で見ていただけると幸いです。

 

道具を揃える

まず自分はこちらの道具一式で1000円ちょっとという激安セットを買いました。
ただこれだけだと道具が足りなかったので買い足しています。

(実際は使ってない道具も多数ですが…この値段なら気にしない)

これ以外で使用している道具は各々必要なタイミングでお伝えしたいと思います。

 

型紙を用意する

レザークラフトにおいて型紙は全てを決めると言われるほど重要な工程です。
また型紙を作っておけば同じカタチを何度でも作れるので便利です。

まず型紙の形を決めるために図面が必要になるのですが
自分はイラストレーターで寸法に合わせて図面を作成・印刷しました。

図面はPDFでダウンロードできるようにしました。
レザークラフト 名刺入れ型紙 (51 ダウンロード)

 

そして印刷した図面を下記のような厚紙に貼り付けます。
図面・厚紙はA4サイズ、厚紙がない場合はお菓子やティッシュ箱を広げて使ってもOKです。

 

厚紙に図面を貼り付けたら、図面に合わせてカットするのですが
下記のように大まかに一旦パーツごとに切った方が切りやすいです。

 

大まかに切っていた型紙を図面に合わせてカッターナイフなどで綺麗にカットします。
ちなみにこのカッターマットは100円ショップで購入しました。(ただすごく小さい…)

思いの外、綺麗にカットすることができました。
あと真っ直ぐのラインはものさしなどを使ってカットすると綺麗にカットできます。

 

ただ厚紙に貼り付けたときのボンドが乾いてなかったため、力を入れた時に下記のように図面が若干破れてしまいました。

でもそもそも外側しか使わないですし、許容範囲です。
あと型紙のカットは全部綺麗にカットするのは難しいですので少しのミスであればいい味になるぐらいに思って進めた方がスムーズです。

 

 

型紙を使って革にラインを描く

作った型紙を用意した革の記事に押し当てます。

その型紙の周りにマイネームペンなどでカットするラインを描きます。
自分はある程度太さがあったほうが見やすいので太めの方を作っています。
ラインを描いている間は型紙は動かさないように注意します。

無事に全パーツのラインを描くことができました!

 

型紙を使って革を切り出す

では早速ラインに沿って切り出します。

薄い革なら頑張ればカッターナイフでも切れるのですが
革では裏面が繊維のようになっているため切れにくいことがあります。

そこで下記のような「別たち」と呼ばれるナイフを使うと革の厚さに関係なくスムーズに切ることができます。

 

ひとまずパーツごとに大まかに切ることができました。

 

ここから「別たち」を使って切ろうと思ったのですが
今回の革はとても薄いので裁縫用のはさみでも切れることがわかりました。
今回はこれでカットしてみます。

 

ハサミを使って無事にカットできました。
今回は例外としてハサミを使いましたが別たちが使いやすければそちらでも問題ないと思います。

 

床面磨き・コバ磨き

では無事に革がカットできたので革を少し加工してみようかと思います。
革の裏面などはそのまま使うと毛羽立ちなどが目立って不格好だったり傷みやすかったりします。

その予防として「トコノール」という磨き用ペーストを革に塗りつけて床面磨きをします。
下記がトコノールです。

 

床面磨き

一般的に床面磨きではトコノールを塗った後に実際に塗りつける作業を下記「ガラス板」と呼ばれる道具を使います。


ただ今回できるだけ節約しようという考えのもと取り組んでいますので
調べたところガラス瓶でも大丈夫とのこと。

手元にあったドリンク剤の瓶を使うことにしました。

自分は手でトコノールを取って、まんべんなく塗って
瓶を使って革の裏面全体に広げるように磨きました。(ヘラなどあればそれで塗っても大丈夫です)

ただドリンク剤の瓶を使った後に思ったのですがあまり綺麗に磨くことは難しかったです。

そして後日、ガラス板を購入したのですがこちらの方がまんべんなく磨けるので綺麗に仕上がります。予算がある方はぜひ購入してみてください。

 

コバ磨き

では次はコバ磨きです。
コバ磨きとは要は革の側面を磨く作業です。

主に下記のような「コーンスリッカー」と呼ばれる道具を使って磨きます。

※最初に紹介したセットを購入した場合、すでに含まれているため購入する必要ありません。

コバ磨きも先程と同じように側面にトコノールを塗ってコーンスリッカーを使って磨きます。
木段差になっている部分に革の側面を当てて擦ることで磨くことができます。

そしてすべての角を磨き終わったら作業は無事完了です。

 

接着する

レザークラフトでは下記のように縫い合わせる前に縫い合わせる革同士を接着します。

 

接着では下記のボンド(皮革用強力ボンドエース)を使っています。
一度、ホームセンターで売っている普通のボンド(革可能)で接着したのですが
透明にならないし、接着も弱いし、微妙だったのでレザークラフト専用のものを購入しました。

ちなみにこのボンドは近くの東急ハンズで買いました。
最初はAmazonで評判の良いサイビノールを買おうと思ったのですが
これ3つも買わないと送料が無料にならないという…

実際3つも必要ないので色んなサイトを探したのですが、どこもまとめて購入しないと送料がすごいかかってしまう。結局近くの東急ハンズで買うことにしました。
でもこれも接着もしっかりできるし、乾くと無色になるのですごい気に入っています。

 

では早速接着作業に入ります。
自分は爪楊枝の手で持つ部分にボンドをつけて接着しました。

無事に両方サイドとも接着することができました。

そして接着したパーツと外側のパーツを当ててどんな感じになるか確認してみます。
…ぽいですね!

 

糸の穴を開ける(菱目打ち)

名刺入れの形が出来てきたので縫い合わせていこうと思います。

ただレザークラフトの革はとても硬いため、そのままだと針を通せません。
なのでその前に針を通すために穴を開けてあげる必要があります。

 

そのための道具が「菱目打ち」です。

また穴同士のピッチは4mmを使っています。

 

でも実際どこに穴を開ければ良いかわかりませんよね?
そこで出てくるのがガイドラインを引く「ステッチンググルーバー」という道具です。
これを縫い合わせたい箇所に引いていくことでガイドラインを引くことができます。

※最初に紹介したレザークラフト一式セットを購入している場合は含まれていますので
別途購入する必要はありません。

 

早速、こんな感じでガイドラインを引いてみます。

 

 

無事必要なところにガイドラインを引くことができました!
これで穴を開ける場所がわかりやすくなりましたね。

 

そしてここで菱目打ちを革に打ち込まないといけないのですが
そこでゴムハンマーの登場です。

自分はたまたま家にあったのものを使っています。
ただ一応貼っつけてはいるのですがアマゾンで買うと割高なので100円ショップやホームセンターで買った方が良いかと思います。(近所のところでは売っていました)

 

あとこのゴム板も必須です。
この上に革を置いて、菱目打ちゴムハンマーで穴を開けていきます。
※使わないと机に菱目打ちが刺さってしまいます

こちら自分はアマゾンで購入したのですが、近所のホームセンターでもあったのでそちらでも良いと思います。

 

では菱目打ちを使って穴を開けてみましょう。
こんな感じでラインに合わせて刃先を合わせて、ゴムハンマーで菱目打ちの上面を叩きます。

※また結構な騒音がでるのでマンション住まいの方などはご注意ください。

 

このように無事ガイドラインに沿って穴を開けることができました。

コツとしては自分が使った菱目打ちの場合は6つ先端があるので
手前に開けた穴に一つだけ先端を引っ掛けて5つずつ開けて行く方法です。
でも自分の開けやすい方法があればそちらのほうが良いと思います。

 

最後の接着

では次は縫い合わせたいところですが、
その前に最後の接着をしたいと思います。

革を確認してもらうと後一つだけ接着出来ていない箇所があると思います。

はい、この名刺を入れるポケットになる伸縮する箇所の接着です。

 

接着するときはさきほどと同じように爪楊枝で接触箇所にボンドを塗って貼り付けます。
こんな感じで内側に折りたたんで接着します。

また折りたたんだ革の反発で剥がれてしまう可能性もあるので重しを置いたり、傷がつかないように洗濯ハサミなどで挟んだ方が良いです。

無事接着できました。

乾ききってないので若干白いところもありますが問題なさそうです。

 

へりおとし

縫う前の仕上げとしてへりおとしをしておきましょう。
へりおとしは簡単にいうと面取りのようなもので角張っている断面などを削って滑らかにする作業です。

道具はへりおとしというものを使います。

※これも最初に紹介したレザークラフト一式セットを購入している場合は含まれていますので
別途購入する必要はありません。

 

このように角張っている箇所に当てて削ります。
ちなみに薄めの革だと削っている時に動いてしまうのでものさしなどを横に当てて削ると滑らかに削れます。

こんな感じで削ります。

角という角を「へりおとし」てみました。

そして仕上げにヤスリなどがあれば軽くやすって上げるとより滑らかになります。

一通り、へりおとしをすることができました。
このように面取りしておくと再度コバ磨きをする時に綺麗に仕上がるのでおすすめです。

 

縫う前の準備

では早速縫い合わせます。

※最初に紹介したレザークラフト一式セットには針と糸が引っかかりにくくするためのワックスが入っていますのでそちらを購入した場合は不要です。

針を通しやすくするため糸にワックスを塗ります。
※糸はできるだけ尖らせた方が針に通しやすいので切断面は斜めにカットするのがおすすめです。

 

糸を通し方は下記のようにS字のように縫い糸を通します。

手順は

  1. 針穴に糸を通す
  2. ある程度、糸を余らせて針の先端に糸自身にさす
  3. もう一度反転して針の先端に糸自身にさす

 

そのまま、S字になっている部分を針穴の方向に降ろしてきます。
※普通の糸の通し方をするとレザークラフトでは外れやすいそうです

そしてある程度長さをとって糸を切る。
反対側にも同じように針をつけます。

 

革を縫い付ける

まず縫い始めの場所は端の穴から2つほど前に糸を通します。

そして片方の針だけを波状に端まで縫い合わせて行きます。

端まで行くと外側を通して、反転して反対側に進んでいきます。
すると先程のもう一つの針が待っている穴に合流します。
そうするともう交互に針を波状に縫い合わせて行くだけです。

あと革同士が重なっていて箇所はどうしても弱くなるので
もう一重(一周)して縫い合わせるとより強く縫い合わせることが可能です。

縫い終わったら

縫い終わった後の糸の留め方は色々あります。
ただ自分の場合は最後の針同士の合流地点で固結びをして透明になるボンドで固定しました。

ボンドで固定するので目立たない場所で終わらせるのがおすすめです。

ちなみに縫い終わったばかりは糸は若干膨らんでいて何かの拍子でほつれてしまったりします。
なので最後に縫い付けた糸をゴムハンマーで叩いて潰しておくとより長持ちします。

最後のコバ磨き

最後に縫い合わせが完了したら、コバ磨きをします。
さきほどのへりおとしをした箇所、縫い合わせて一緒になった角をまとめてトコノールを塗りつけて磨きます。

その時トコノールが革の表面にはあまり当たらないようにしましょう(シミになるケースもあります)

最後のコバ磨きは本当に見違えるので仕上がると感動します。

 

名刺入れが完成

ついに完成しました!

こんな感じに仕上がりました。

ライトが普通でこれだと地味な名刺入れに見えてしまうので
エフェクトでちょっとかっこよく見えるようにしてみます。

おしゃれ風エフェクト

インスタ風エフェクト

んーいい出来ですね!

 

番外編 色替え版

最近プレゼントとして別の名刺入れを手作りしてみました。
違う色の革と糸を使いました。

 

最後に

今回はレザークラフトの記事を書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

何かを0から作ろうとするとすごく時間もかかるし、大変だと思います。
ただ大変な分、完成したときの喜びはひとしおですよね。

 

また自分で作った小物だと、ふと見た時に

「(いい感じだな~ニヤニヤ」

ということもあって、ただ買うだけより色んな楽しみ方があります。
(ちょっとやばいかもですが…)

ともかくご興味がありましたらぜひ試していただけると幸いです。
またなにか質問や要望などあればご連絡ください。

ではここまでお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

error: All rights reserved by TedLab.
タイトルとURLをコピーしました