【英語の文法】その9 接続詞と4つのグループ

英文法
スポンサーリンク

今回は久しぶりの文法編です。
タイトルの通り「接続詞」についてお伝えしたいと思います。
今まで副詞について隠していた真実についても触れていますのでご興味のある方はお読みいただけると幸いです。

 

接続詞とは?

接続詞とは品詞の一種です。
そして文字通り2つの文章同士を接続するためのものです。

またここで言う文章は一つの(SV~)という塊のことです。

I like an apple. ←これが一つの文章

 

そしてイメージとしてはその文章と文章を
接続詞という「のり」でくっつけるイメージです。

文章1 + 接続詞(のり) + 文章2(下手な絵ですみません…)

 

有名なものを例に出すと

Because・・・なぜなら〜、〜だから

ではないでしょうか。

有名なものなのでご存知の方もいると思います。
ただ知らない方もいると思うのでこれから具体的な使い方をお伝えしたいと思います。

 

Becauseの使い方

では例として

「本を買ったのでそれを読みます。」

という文章を「Because」を使って作ってみたいと思います。

I read a book, Because I bought the book.
私は本を読む、なぜならその本を買ったから。

 

いかがでしょうか?

I read a book.
私は本を読む

という文章と

Because I bought the book.
なぜならその本を買った

という文章が「Because」という「のり」で接着(接続)されていますね。

 

ちなみに「Because」の前に置かれている「,(カンマ)」は文章の切れ目がわかりやすくなるように置いています。

基本的に「,(カンマ)」は文章同士の境目がわかるように接続詞の前後に置かれたりします。
ただ説明すると複雑になるので

「カンマは文章の境目だったり
強調するために置いたりするんだなぁ〜」

と簡単に覚えておきましょう。

 

実は接続されていない場合もある

先ほどの例文は文字通り接続されていたのでわかりやすかったですよね。

I read a book, Because I bought the book.
私は本を読む、なぜならその本を買ったから。

ただこの文章、実は見た目で接続されていなくても大丈夫なのです。

例えば

Because I bought a book, I read the book.
私は本を買ったから、その本を読む。

これを見ると

「真ん中に無いから全然接続されてないじゃん!」

って思いますよね。

はい、まさにその通りで見た目で接続されていない場合でも接続詞を使うことができるのです。

ただ文法上は2つの文章を1つの文章として解釈できるようになるので見た目上は接続されていないとしても拡大解釈すれば文章全体は接続されていると言えるのではないでしょうか。

そしてその理由についてはこれからお伝えしていきます。

 

2つの文章には名称がある

さきほど接続詞によってくっついている文章を二つの文章に分割しました。
それにはそれぞれ名称が存在します。

そしてそれは品詞の項目で説明した副詞に関係しています。

では先ほどの文章

Because I bought a book, I read the book.

ですが、この文章を分解すると下記2つの文章になります。

そしてその文章の役割には名称があります。

I read the book.      ・・・主節(しゅせつ)
Because I bought a book. ・・・副詞節(ふくしせつ)

主節はこの文章全体のリーダー的な存在で無くてはならない存在
そして文章においての結果や結論になる重要な文章です。

副詞節は主に接続詞などが用いられた文章側をそう呼びます
ただ品詞で説明した「副詞」がなぜここに?と思いますよね。

この副詞節というのは文章の中でも副詞と同じ特徴を持っているためこのように呼ばれています。
ではその特徴とはなんでしょうか。

次は副詞ついて詳しく説明したいと思います。

副詞の真実

以前の記事では副詞

「名詞や形容詞に属さないそれ以外のもの」

という漠然とした説明をしました。

また「very」や「really」などの
後ろに置かれている動詞や形容詞を強調することはお伝えしました。

She is very good.
彼女はとても良い

I really like him.
私は彼が本当に好き

しかしまだお伝えしていない2つの特徴があったのです。

  1. 本来は文章に無くても問題ない
  2. 副詞はどこに置いても良い(veryなどの後続を強調する副詞はできません)

「無くてもいい!?
それにどこに置いても良いってどういうこと!?」

となるのも仕方がないと思います。

ひとまず一つずつ見ていってみましょう。
では上記の例を使って試してみます。

She is good.
彼女は良い

I like him.
私は彼が好き

副詞部分を消してみました。
いかがでしょう。

細かいニュアンスは消えるにしても文章を伝える分には問題ないことがわかりますね。

また2つ目の「どこに置いても良い」と言うのは
上記の「very」などの後続に影響を与えるものは利用できません。

ではどれなら使えるのでしょうか?
実は副詞は「very」や「really」など以外にもたくさんあります。
時間を表す「today(今日)」なんかも副詞です。

ではこれを使ってみましょう。

I read a book today.
私は今日、本を読む。

一般的な順番で並べるとこのようになります。
ですが上記にもあった通り副詞はどこにでも置くことができます

もちろん前にも置けます。

Today I read a book.
今日、私は本を読む。

 

また不自然ではありますが、S(Subject)、V(Verb)などの間などであれば
理論上は置くことができます。

I today read a book.
私は本を今日、読む。

ただし、時を表す副詞などは文章の後ろの方に置くのが一般的なルールです。

この副詞を置いた方が良い場所(わかりやすい場所)のルールというのを説明すると長くなってしまうのでまた別の機会に紹介したいと思います。

ひとまずは副詞は文の後ろの方に置くと覚えておきましょう。

また2番目の文章最初に置く場合(Today I ~)は強調するために使われたりします。

 

副詞節とは

なんとか副詞節の説明に戻ることができました。

副詞節とは要するに副詞の役割をする節(文章)です。
言い換えると副詞の特徴も兼ね備えた文章となります。

なので先ほどお伝えしたように

Because I bought a book, I read the book.
私は本を買ったから、その本を読む。

Because」の文章を前に持ってきても問題なかったのですね。

 

接続詞の種類

これまで代表的な接続詞Because」を用いて
基本となる考え方を学んできました。

ここから本題となる接続詞の種類についてお伝えしたいと思います。

ただ接続詞は膨大で色々あります。
一旦こちらに乱雑に並べてみたいと思います。

Because・・・なぜなら〜、だから〜
Since・・・だから〜
As・・・なので〜
Though・・・〜にも関わらず
Even though・・・〜であるのに
Although・・・〜であるが
So・・・だから〜
Therefore・・・それゆえに〜
Thus・・・したがって〜
Hence・・・このゆえに〜
But・・・でも〜
However・・・しかし〜
Nevertheless・・・それでも〜

いかがでしょうか?
すごい多いですよね…。

これを覚えるとなるとかなり大変です。

えっと「Because・・・なぜなら、〜だから」の時に使うのか、

「So・・・だから〜」の時に使うのか、えっと次は…

と覚えているとかなり時間がかかりますよね。
特に日本語の意味で覚えると違いがわかりづらいし、色んな言い方があって大変です

 

でどのように覚えるかと言うと

例えば「Since」は有名な意味としては
〜して以来」などの意味もありますが「〜だから」という意味もあります。

えっ!でも「Because」も「〜だから」じゃなかったっけって思いますよね。

そうなんです!同じ意味なんです!

えー!接続詞って多くてややこしいなぁ…

 

その通りです、同じ意味の接続詞がたくさんありますもんね…

そこで私は接続詞を覚える場合は
同じ意味の接続詞をまとめてグループとして覚えることをおすすめします

 

接続詞はグループ分けをして覚える

例えば「だから」グループは

〜だから(Becauseグループ)
Because
Since
As

でまとめてしまいます。

ほかにも

〜だけど(Thoughグループ)
Though
Even though
Although

と分けます。

 

あれ?
So」や「Therefore」などは「だから〜」という意味だし、
But」や「However」も「だけど〜」という意味だけど…

 

はい、その通りで一見
So」や「Therefore」は「〜だからグループ」に
But」や「However」も「〜だけどグループ」に分類されると思いますよね。

でも実は違うんです。
次はその違いについて説明したいと思います。

「だから〜」と「〜だから」の違い

見た目だけで見ると「〜だから」と「だから〜」で「」位置が違うだけに見えるかと思いますが
これによって大きな違いが生まれます。

」の位置には先ほど説明した副詞節という本来無くてもよい英文が一つ入ります。
しかし、実際は「So~」などの場合、無くなってしまうと文章は成立しなくなってしまうのです。

 

では例をあげてみます。
またこの文章の結論は「本を買う」という行動のあとの「本を読む」という行動です。

・So
I bought a book, so I read the book.
私は本を買った。だからその本を読む。

・Because
I read a book, because I bought the book.
私は本を読む。本を買ったから。

 

では接続詞側の副詞節と言われる「接続詞とその文章」を消してみましょう。

・So
I bought a book.
私は本を買った。

・Because
I read a book.
私は本を読む。

あれ?

この文章の結論で言いたかったことは「本を読む」ということだったのに
So」の方では消えてしまいました…

 

そうなんです。
さきほど分類できなかった「So」、「Therefore」、「But」、「However」などは
どれも結論に繋がる要素のため不要とは言えないんです

だって言いたいことが最終的に言えないということは無くしても問題ないとは言えないですよね。

 

文法的にはこのような接続詞は「等位接続詞」と言うようです。
名称から察するに「主節と等しいくらいに重要ということではないでしょうか。

ですが、個人的には特に名称は覚える必要はないと思っています。

なぜならさきほどのグループ化をしておけば
使う時には下記のどのグループに属しているかで実際使うことが出来てしまうからです。

  • Becauseグループ
  • Soグループ
  • Thoughグループ
  • Butグループ

 

ちなみにここでは「Becauseグループ」と命名していますが
これはあくまで「Because」が私自身一番覚えている接続詞なので命名しているだけとなります。

もし同じ意味の「Since」が思い出しやすいのであれば、その名前を取って「Sinceグループ」としてもらって大丈夫です。

 

接続詞をグループ分けしてみる

ではさきほど紹介した接続詞を一旦すべてグループ分けしてみたいと思います。

 

Becauseグループ(〜だから)

Because・・・なぜなら〜、だから〜
Since・・・だから〜
As・・・なので〜

 

Thoughグループ(〜にも関わらず)

Though・・・〜にも関わらず
Even though・・・〜であるのに
Although・・・〜であるが

 

Soグループ(だから〜)

So・・・だから〜
Therefore・・・それゆえに〜
Thus・・・したがって〜
Hence・・・このゆえに〜

 

Butグループ(でも〜)

But・・・でも〜
However・・・しかし〜
Nevertheless・・・それでも〜

 

いかがでしょうか?
これで各接続詞の意味まで覚える必要はなくなりました。

でも実際に使ってみないと便利さがわからないので
次は具体的にどのように使うかを一度実践してみたいと思います。

 

グループ分けした接続詞を使ってみる

下記はおなじみの文章です。

I read the book, because I bought a book.
本を読んだ、なぜなら本を買った。

I bought a book, so I read the book.
本を買った、だから本を読んだ。

 

これを各グループ内の別の接続詞に変更してみます。

I read the book, as I bought a book.
本を読んだ、本を買ったから。

I bought a book, therefore I read the book.
本を買った、それゆえ本を読んだ。

いかがでしょう。
若干「それゆえ〜」が渋い感じになっていますが意味としては理解できるものとなっています。

ということは同じグループ内であれば「because」、「as」、「since」どれを使っても
意味としては読み取れるということです。

そうしておけば「であるが〜」、「このゆえに〜」という覚えにくい接続詞の意味を覚えなくてもそのグループの意味さえわかっていれば読解することはできるのです。

 

アウトプット面でも役立つ

一見、読み解くだけのテクニックのように感じてしまいますが
他にも会話やライティングなどのアウトプット面でも役立つことがあります。

すこし話が変わるのですが
英語では同じような単語を連続して使うのを避ける傾向があります
日本語でも同じ言葉をなんども使っていると子供っぽく、知的には見えませんよね。

 

Soグループを使って例を出しますと

・日本語(Soのみ)
私は本を買った、だから本を読む。
その物語が面白かった、だから私はその本を楽しんだ。
私は疲れた、だから私は本を閉じた。

・日本語(Soグループを色々使って)
私は本を買った、だから本を読む。
その物語が面白かった、それゆえに私はその本を楽しんだ。
私は疲れた、したがって私は本を閉じた。

直訳なので若干のぎこちなさはありますが下の方が語彙力があって知的に見えますよね。
それと同じで英語でも同じワードを連続で使うことを避ける傾向があります

そういった時にグループごとに覚えていれば
単語を入れ替えるだけで大人で知的な感じを演出することもできるのです!

 

ちなみに留学していたカナダ現地のライティングテストでは同じ接続詞を連続して使うと必ず減点されていました。しかしこの方法を覚えたあと、連続して同じ接続詞を使わないようにすると全くと言って良いほど減点されなくなったのでライティングでも使えるテクニックです。

 

2つのグループには前置詞も属しています

ここまで長くなったしまったのですが、まだあと少し続きます。
あと少し頑張りましょう!

前に接続詞には4つのグループがあることはお伝えしました。

ただ実はその内2つのグループに属することができる前置詞があります。
これも覚えておくと訳す時に便利なのでお伝えしておきます。

 

前置詞といえば「後続に一つだけ名詞をとる品詞」だったと思います。
どうして「後続の文章全体をとる接続詞」と「一つだけ名詞をとる前置詞」が同じグループに属すことができるかと言うと同じような意味に訳すことができるためです。

 

ひとまず該当する前置詞を紹介します。

・「Because」グループ(〜だから)
Because of・・・〇〇のため
Due to・・・〇〇のため

・「Though」グループ(〜にも関わらず)
In spite of・・・〇〇にも関わらず
Despite・・・〇〇にも関わらず

 

では下記の例文を接続詞→前置詞に置き換えてみたいと思います。

接続詞版

I bought a book, because the book is new.
私はその本を買った、なぜならその本は新しい。

A book is old, though I bought the book.
本は古い、にも関わらず私はその本を買った。

前置詞版

I bought a book because of the new book.
新しい本だから 私はその本を買った。

I bought a book in spite of the old book.
古い本にも関わらず私はその本を買った。

いかがでしょう。
この文章はとてもシンプルな内容だったので「新しい本、古い本」という一つの名詞に置き換えることができました

当然複雑な文章になると1つの単語には置き換えることができません。
なので1つの名詞に置き換えられないような時に接続詞を使います

もちろんこれも連続して使うのを避けるために同じグループ内のメンバーに置き換えることができます。「In spite of」を「Desprite」に置き換えるだけでも単調さを防ぐことができます。

また勘違いしやすい点として「Desprite」は「of」が無いのが正解ですので
こればかりはそういうものだと覚えていただけると幸いです。

 

前置詞+名詞は副詞になったりする

Because」などの接続詞の文章は「副詞節」と呼ばれること、
副詞は基本的に前後どこにでも置けるのは覚えていますでしょうか?

これ実は前置詞の部分でも可能になります。なぜなら前置詞は

前置詞 + 名詞 = 副詞 or 形容詞

になるからです。

さきほどの前置詞「Because of」を使って例を出してみます。

Because of

これだと前置詞です。
ただ前置詞は一つだけ名詞をとりますよね。

では名詞を一つ足してみます。

Because of a new book

そうするとこの「塊全体の品詞」はなんなのでしょうか?
そう、それがまさに「副詞 or 形容詞」になるのです!

形容詞はひとまず置いておいてここでは副詞になるとします。
今は形容詞は気にしないでください

さきほどの説明では副詞は文章のどこにでも置けます。
そうなるとBecause」の文章(接続詞+文)が前に出てきても問題なく読めたように
前置詞とその名詞が前に出てきても読むことができるのです。

さきほどの例文を使うと

Because of the new book, I bought a book.
新しい本だから 私はその本を買った。

いかがでしょうか?
これは副詞だからこそなせる技です。

また英語の経験がある方はこのような最初に前置詞が最初にある英文をみたことがあるのではないでしょうか?

In the class room, we are studying hard.
その教室で私たちはもう勉強している。

In 2001, she was bone.
2001年に彼女は生まれた。

そうです!
これも「前置詞+名詞」の部分が「副詞」になって前に飛び出してきているだけだったのです。
※ちなみにこれも接続詞と同様に強調したい時なんかに前に出てきたりします

なので前置詞+名詞の塊で副詞になることは覚えておきましょう

またこの副詞はその特徴である「本来文章になくても良い」という特徴も持っています。
読めない場合は「ここは副詞だから読まなくていいや」というのもありですよ。

最後に

学習した内容をまとめますと下記になります。

  • 接続詞の役割
  • 副詞節、副詞の隠れた能力(どこでも置ける、本来文章に無くてもいい)
  • 接続詞は4つのグループ、前置詞版は2つのグループに分けることができる
  • 前置詞が「副詞or形容詞」になること

こうやってみると接続詞自体もそうでしたが
新しい副詞の特徴や前置詞などもあり、とても難しいかったと思います。

今回は今まで混乱を避けるために伏せていた副詞や前置詞の特徴もお伝えしたので
一度で理解できなくても仕方がないと思います。

ただ理解することができれば英文法への理解がさらに深まるかと思いますので
ぜひ取り組んでいただけると幸いです。

また今回紹介した4つのグループに属する接続詞や2つのグループに属する前置詞は世の中にたくさんあります。なので

今回紹介したもの以外の接続詞、前置詞は出会ったタイミングでどのグループに属すか考えていただいてご自身だけのグループのリストを作ってみてください。

そうしておけばかなり自分の中の引き出しは増えますので今後役立つと思います。

では文法の接続詞編はここでおしまいです。
長くなってしまいましたがここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

error: All rights reserved by TedLab.
タイトルとURLをコピーしました